マサチューセッツ州などの旅行規制の緩和

2021/3/15
【概要】
● マサチューセッツ州では、新型コロナウイルスワクチンの接種を14日以上前に終え、かつ症状のない人は、入州時における10日間の自主検疫、および陰性証明の取得を行うことが免除されるようになりました。
● メイン州では、3月5日より旅行規制の緩和が行われ、ニューイングランド地域の各州から入州する場合、自主検疫および検査での陰性証明の取得が免除されています。また、新型コロナウイルスワクチン接種を終えた人は、いずれの州の人でも、自主検疫または陰性証明が免除されます。
● ニューハンプシャー州では、14日以上前に2回目の接種を終えている人は、自主検疫または陰性証明が免除されます。
● バーモント州では、最後のワクチン接種から少なくとも14日間経過した人は、自主検疫が必要ないとされています。
 
【詳細】
<マサチューセッツ州>
・ 旅行規制の適用免除には、モデルナ、ファイザー、ジョンソン&ジョンソンいずれかの新型コロナウイルスワクチンの接種が必要です。入州者は、ワクチン接種の日付を含めた接種済みを示す書類を、求めに応じて提示できるよう、持参することが必要とされています。
・ 過去に新型コロナウイルス感染症にかかり、回復した人(10日以上前で90日間以内に陽性結果が出て、症状がない人)も、自主検疫または陰性証明の取得が免除されるとのことです。
・ マサチューセッツ州政府発表資料
https://www.mass.gov/info-details/covid-19-travel-order
 
<メイン州>
・ ワクチン接種者に加え、過去90日間以内に新型コロナウイルス感染症にかかった人も、検査での自主検疫または陰性証明が免除されるとのことです。
・ メイン州政府発表資料
https://www.maine.gov/covid19/moving-maine-forward

<ニューハンプシャー州>
・ ワクチン接種者に加え、過去90日間以内に、PCR検査または抗原検査で陽性結果が出た人も自主検疫または陰性証明が免除されます。
・ ニューハンプシャー州政府発表資料
https://www.covidguidance.nh.gov/out-state-visitors
 
<バーモント州>
・ 最後のワクチン接種から少なくとも14日間経過した者については、自主検疫が必要ないとされており、ワクチン接種済みを示すワクチンカードを、求めに応じて提示できるよう留意を促しています。
・ バーモント州では、過去、新型コロナウイルス感染症にかかった人については、自主検疫の免除は認められていません。
・ バーモント州政府発表資料
https://accd.vermont.gov/covid-19/restart/cross-state-travel/faqs#i-am-fully-vaccinated-do-i-need-to-quarantine-if-i-travel-to-or-return-to-vermont