(コラム)トランプ氏に投与された新型コロナウィルス治療薬とは?

2020/11/9
トランプ氏は10月2日に首都ワシントン郊外のウォルター・リード軍医療センターに入院した。¹2日時点でトランプ氏の血中酸素濃度は93%であり、正常範囲と考えられる95%を下回っていた。¹通常、酸素レベルが94%を下回ると新型コロナウィルスの重症者とみなされる。¹そこでトランプ氏の治療として、抗体カクテル療法とレムデシベルの5日間コースが採用された。¹
 
抗体カクテル療法の治療薬「REGN-COV2」とは、新型コロナウィルスを対象とする2つのモノクロナール抗体を組み合わせてできている。「REGN-COV2」を開発したREGENERON社では、人間の免疫システムを持つように遺伝子組み換えされたマウスと、コロナ感染から回復したヒトから採取された何千もの抗体を評価して作られた。同社は「REGN-COV2」について、275人を被験者とした第一段階の治験を終了したと述べている。²「REGN-COV2」の投与量多め・少なめ、偽薬の三種類のグループに分け実験したところ、「REGN-COV2」投与7日目において投与量に比例して患者の血清中のウィルス量が減少したと報告されている。²
 
レムデシベルの治療法には5日間レムデシベルを投与し続ける5日間コースと、10日間投与し続ける10日間コースの2種類が存在するが、トランプ氏が受けた5日間コースでは他の治療薬に比べて有意な効果が認められている。³
 
参照

1. https://www.nytimes.com/2020/10/04/health/trump-covid-treatment.html
2. https://investor.regeneron.com/news-releases/news-release-details/regenerons-regn-cov2-antibody-cocktail-reduced-viral-levels-and/
3. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32821939/