トップページ>総領事から

姫野総領事から着任のごあいさつ

 

ニューイングランドにお住いの皆様、はじめまして。

このたび、在ボストン総領事として着任いたしました姫野勉(ひめの つとむ)と申します。今後、日本とニューイングランドとの交流をあらゆる局面で発展させていくよう尽くして参りたいと考えますので、どうかよろしく御願い申し上げます。

私は、今までに在英大使館、在米大使館、在シンガポール大使館、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部等での勤務を経験し、また当地に赴任する直前は経済協力開発機構(OECD)日本政府代表部の次席公使を勤めてきました。その間幾度かニューイングランドを訪れて、その魅力に触れましたが、勤務は今回が初めてです。日米関係の中でも特別の歴史と深みを持つ当地での勤務は光栄なことと存じます。

これまで同様に、在留邦人の皆様方の安全と快適な滞在のための領事サービスなど、常にみなさまとともにある総領事館としての活動を心掛けて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

加えて、皆様方からのご示唆などをいただきながら、種々の活動に取り組みたいと思っていますが、現時点で、次の3点に取り組みたいと思っています。

まず、アメリカの多くの方に日本のことをよりよく知っていただく、特に、日本と日本人が提供することができることについてもっと知っていただくための取組みに力を入れたいと考えています。日本では2012年12月以来、安倍政権の「アベノミクス」の下、経済がダイナミックな動きを見せるようになり、また、昨年9月に開催が決定された2020年東京オリンピックの準備が進められております。日本のさまざまな分野でいっそう積極的な姿勢がでています。世界の平和にかかわる課題についても、「積極的平和主義」の姿勢で、力強い貢献をしようとしています。

次に、ニューイングランドのこと、ニューイングランドの魅力をもっと日本に伝える取組みを強化したいと思っています。ニューイングランドの魅力を挙げると切りがないと存じますが、今後私自身もニューイングランドの魅力をさらに学びつつ、それを日本に発信していきたいと考えています。

そして、三点目に、日米間のコラボレーションの推進です。米国建国以来の歴史、芸術、文化の伝統を誇るニューイングランドでは、日本との交流が長年にわたって豊かに展開されており、各地の日米協会や姉妹都市に関わる皆様から草の根交流まで、日米間のコラボレーションを推進しておられる多くの方がおられます。

これらの交流を支える日米の皆様方は,両国にとって何者にも代え難い貴重な存在であり、私も皆様方とともに、ニューイングランドにおける日米交流が一層活発で有意義なものとなるよう努めてまいりたいと考えております。

よろしくお願いいたします。

        2014年(平成26年)8月1日

                     在ボストン日本国総領事
                 姫野 勉    

      

ページトップへ