総領事からのごあいさつ

本欄に画像を表示

在ボストン日本国総領事  道井 緑一郎


当地において様々な行事に参加させていただいたり、各地を訪問させていただく中で、ここニューイングランドにご在住の皆様がそれぞれの分野で多彩な活動に従事され、日米間の豊かな交流が行われていることに日々印象付けられる毎日です。言うまでもなく当地は米国の建国以来の伝統の地であり、長い歴史と文化を持ち、教育、医療、保健、芸術、先端産業など様々な分野での活動の中心となってきましたが、こうした知の拠点としてのその役割と機能は現在一層高まりつつあります。そのような中で、当地でご活躍されている皆様をご支援し、日本と米国はじめ各国との交流を促進する職務に就くことは、光栄なことであると共に、大きな重責を担うことであると受け止めております。当地で少しでもお役に立てるよう努力していきたいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。


現下の国際社会の状況は、地域情勢にせよ、個別の課題にせよ、引き続き複雑で相互に関連し、今後の展開を見通すことが難しい状況にあります。地政学的な構図が変化する東アジア情勢、BREXITと難民問題に揺れる欧州情勢、拡大するテロ問題、年初来継続し処方箋を描ききれない世界経済の低迷などをはじめ、日本自身も様々な課題に直面し、その克服のために努力が払われている中ですが、ここ米国では来年1月には新政権が発足します。こうした変革の時期にいるが故に、基本的な価値観を共有する日米両国がより緊密に対話を行い、相互理解をさらに深め、国際社会の各国とともに協力することは、それぞれの国と国民にとって、次の世代のためのよりよい道筋を準備し、より安定した国際社会を作っていく上で、尚更に意義が大きいと言えます。


こうした協力と交流の基礎は、当地にお住いの皆様、当地の企業においてビジネスを展開されている皆様、大学・研究機関等で研究に従事され、学ばれ、又は教育に従事されている研究者・先生方、学生の皆様、芸術・文化の世界でご活躍の皆様、スポーツ界でご活躍の皆様はじめ、多くの方々のご努力に他なりません。ニューイングランドを管轄いたします当総領事館として、各地でご活躍される皆様のこうした活動、生活をできる限りご支援し、お役に立てるよう努めてまいりたいと存じます。また、日本とニューイングランド地域との関係が一層発展していくように、交流プログラムの促進、ビジネス・芸術・文化をはじめとする様々な活動を進められる上での環境の整備、情報発信などに取り組んでいきたいと考えます。今後、皆様とご一緒に、長い歴史のある日米交流の取り組みをさらに発展させ、ニューイングランドを起点に、新たな付加価値を発信できるようになれれば大きな喜びです。


また、領事館としては、皆様の日頃の生活に関係の深い領事業務について、引き続き利便性、サービスの向上に努めてまいりたいと考えます。特に昨今の国際情勢の下、いつどこでどのような緊急事態が発生するかもわからないとの認識を持って、日頃より、当地在留邦人の皆様との連絡体制の整備等を通じ、より安全で安定した暮らしのご支援に努めてまいりたいと考えます。


今後とも当館が、皆様の身近にあって、お役に立てる領事館となりますよう努めてまいりたいと思いますので、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。そして、何よりも当地の皆様のご発展、皆様の当地での活動、生活が充実したものとなるようお祈り申し上げます。