「5月28日のメモリアル・デー式典(於:ローウェル市)」

5月28日、マサチューセッツ州ローウェル市の戦没者記念公園でメモリアル・デーの式典が開催されました。同式典では戦争中に広島で被爆死した12名の米軍捕虜の名前が刻まれた記念碑の序幕式が併せて行われ、これら兵士について調査し、遺族に伝える活動を献身的に行った日本の森重昭氏も参加しました。ドキュメンタリー映画「灯籠流し」ではローウェル市出身のノーマンド・ブリセット氏を含む米兵士の身元を明らかにすべく森氏が取り組んだ歩みが描かれています。森氏は、米国大統領として初めてとなった2016年のオバマ大統領(当時)広島訪問の際に同大統領と面会しています。

式典では森氏のほか、道井総領事、ウィリアム・サマラス・ローウェル市長、トマス・ゴールデン・ジュニア州議会議員などが挨拶を行いました。

式典の様子

サマラス・ローウェル市長とのやりとり

米軍兵士の家族と

献花を行う森氏夫妻

記念碑の前で挨拶を行う道井総領事