文化交流使 柳家さん喬師匠の落語公演 (2月6-8日)

2月6日から8日まで、今年度の文化交流使の柳家さん喬師匠が喬之助師匠と共にボストン近郊の大学や総領事公邸でワークショップ及び公演を行いました。3日間にわたり、すべての公演が大盛況で、ボストンの人々は落語を楽しみ、早くも次回公演を待っているという声がいくつもあがっています。

ボストンカレッジとボストンラテンアカデミーの日本語クラスで行われたワークショップでは、学生・生徒たちは事前に覚えてきた小噺を披露し、さん喬師匠から指導を受けた後、両師匠の落語を聞きました。 ボストンカレッジとハーバード大学で行われた公演では、合わせて300名以上の観客が集まり、さん喬師匠による仕草の説明の後、両師匠の落語を楽しみました。
 

ボストンカレッジ 2月6日
日本語クラスの学生小噺  
道井総領事あいさつ ボストンカレッジの公演


ボストンラテンアカデミー 2月7日
おそばを食べる仕草の練習中 小噺の指導を受けているところ


ハーバード大学 2月8日
日本語クラスでの落語の説明 さん喬師匠公演
>
喬之助師匠